猫のサイン~メタボ猫日記

尿結石・腎不全の「たま」と、やんちゃな「ちび」の成長記録です。健康管理と楽しく暮らす方法、手探り中です

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ちびニャンがオナラをしたよ 病気の前兆?

うぅぅぅぅ・・・さむっ( >д<)
大寒波到来のことだけありますねぇ。寒いッス
皆さーーーん、ぬくぬくしてますかー?

我が家のニャンコさんは、エアコンの風がよく当たる場所で丸くなってますぅー(」*´∇`)」。
丸くなって寝る猫(ちび)

ちょっと前まで コタツの中でぬくぬくしてたんですけどね。
エアコンをつけたら、出てきて この有様です(´∀`*)。

夢を見てるみたいです(*^_^*)。


さてさて、今日は、オナラのお話です


一ヶ月ぐらい前・・・、うーんと、もうすぐ二カ月になるかな〜。
ちょうど ちびニャンが びっこひいていた時期の前になります。
記事はこちら


そのころ、ぷぅーぷぅーと、
オナラを連発していた時期があったんです (´∀`*)。

んー、たかが オナラでしょ。そう慌てる必要もないんじゃない?

そう思われると思うんですが、たまさんの変化に気づいてあげられなかった私は、少々、いや、かなりビビリ屋になってましてね。普段と違うことが起きると、すぐに病気?病気の前兆?と不安になっちゃうんです(//>ω<)。

まぁー、同じ生き物だから、オナラだってするよね〜とは思うんだけど、ちびニャンのオナラって、あまり聞いたことがないのね。

たぶん、すかしっぺはしてると思うんだけど(臭う時があるから)、音付きのオナラって初めてだったんです。

だからね、「いつもと違う行動」 = 「病気の可能性」 と結びつけちゃったんです。しかも、毎日のように ぷぅーぷぅーされたら、余計に怪しいぃー とね。

自分で出したオナラの音に、びっくりしたお顔は可愛いかったですけどね(*^_^*)。

オナラをした直後のお顔(ちび)イメージ


オナラが敵だと思っている猫(ちび)イメージ
イメージですけどね

でも、どうして こんなに沢山のオナラが出るんだろう
お腹の調子が良くないのかな~?
まさか、お芋やゴボウをたくさん食べたとか?
(それは私じゃー(」*´∇`)」)
なーんてね

食べ物が影響しているかもーっても考えたんだけど、カリカリも缶詰めも変更していないんですよね~。9年間食べ続けているヒルズのc/dさんだけです(c/dが気になる方はサイドバーをご覧下さいね)。この時期は、スペシャルメニューのスープパウチもあげてないし、マグロさんも食べてないんです。なぜだぁぁぁぁw( ̄o ̄)w

そうこうしているうちに、足を引きずりはじめて Oh-Nooooo(;゚Д゚)。
もしかしたら、関係あるのかもー!って、不安になって、病院で聞いてみました(^-^)/。

「最近、音付きのオナラを よくするんですけど、病気だったりしますか?」ドキドキ・・・(//>ω<)

そしたらね、ちょっと考えたあと 真顔で、

「おならが出る病気って聞いたことないですねぇ。」

ですって。ふぅー、良かったぁー。
ってか、なに聞いてんだかねぇ・・・∠( ^ o ^ ┐)┐アセアセ

「美味しいご飯を食べたんじゃないですか?」っても言われました。
ええー!あんた、隠れて何か食べたんかい? でも、たまさんじゃないから、たぶんそれはないなぁー。たまさんは、よく私に内緒で、父から煮魚とかアイスクリームとかを貰ってましたけどね

ちょっとビックリなお顔の猫(たま)
にゃんのことかな~。わからにゃいニャ。

結局、原因はよく分からなかったけど、触診や前回の健康診断の結果から考えると、特に異常はなさそう ということでした。まっ、オナラが出るってことは、内臓が活発に動いている証拠だよね?。

お腹に耳を当てて確認してみると、いつも通りのキュルキュル音がしてました(*^_^*)。

お腹の音を確認の図
↑かなり昔の画像ですが、こんな感じで確認してます(^∇^)ノ

あ、猫さんのお腹の音を聞いたことない方、ぜひ聞いてみて下さいね~\(^o^)/。そして、近くに人間がいたら、その人のお腹も聞いてみてね。あれ?って思うぐらい同じような音がしますよん♪。ウチだけかな?

まとめ


さて、オナラ連発事件(笑)から数カ月経ちましたが、今は、しなくなりました。どうやら一時的なものだったようです。肢を引きずっていたこととは関係ないそうです。ちなみに、匂いはありませんでした。すかしっぺの方が臭かったような気がします。

今回は何ともなくてよかったのですが、注意しないといけないオナラもあるようですね。

頻繁にするオナラに加えて、下痢もしている時は、病気のサインかもしれないんですって。考えられる病名とかはよく分かんないんですけどね。気になるなぁーと思われている方は、獣医さんに診てもらって下さいね。

【関連記事】

ちびニャンが足びっこひいてるぅー(;゜0゜)
自宅で出来る猫の健康チェック(我が家編)

ポチっと応援してくれるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

その他のキーワード: 音がするおなら 臭いオナラ
web拍手 by FC2

| その他の病気・手術 | 18:36 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちびニャンが 吐いちゃったぁー(;゜0゜) 【画像あり】

ちびニャンは、あまり 吐かない子なんですけどね^^
(1年に多くて4~5回程度。でも今年は多そう。)

おととい、ものすごく たくさん 吐いちゃったんです。 (ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
もうービックリーー なんですぅ~。

お外を見ながらドキドキしている猫(びっくりしたちび)
ぼくも びっくりしたニャー

平静を装っていますが、ちょっと動揺したみたいで、
ちびニャンは、お外を眺めていました。心を落ち着かせているみたい

何が起きたのか理解できなくて怖かったのかな?
それとも、頭で整理しているのかな? 無かったことにしようーとか・・・て

私も、過去に無いぐらいの戻しっぶり(戻し方?)にびっくり だったんです。

吐く音って言うのかしら?
よく、クコックコッ とか ケコッケコッ・・・などと表現されていますが、
その音も大きければ、波打つ胸の動きも激しくて・・・(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

こりゃー、大物が出てくるかも~。おもちゃでも食べちゃったのかな~。
と、ドキドキ~で・・・(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!

あ、すみません。ちょっと汚い話なんですけどね。

ものすごく 辛そうに吐こうとしてたので、
私のスリッパの上だったんですが、静かに見守りましたぁヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3
(吐くなら、ちゃんと吐いてもらいたいからね^^)

↓こちらは、お風呂場の前で、私の出待ちをしている ちびニャンの写真ですが、
スリッパを座布団代わりにして座る猫(ちび)お風呂の出待ち

こんな感じで座ってましたの~Σ( ̄。 ̄ノ)ノ。オヨヨヨーそこで吐くんかーい。別に いいけど

それでね、オエッ、オエッって吐いて、その場から 逃げるようにして、
部屋に移動して、またリバース Σ(゚□゚(゚□゚*)。

そして、また移動して・・・ゲゲーッと・・・w( ̄o ̄)w。

スリッパ(台所)、マット(部屋)、畳の上(部屋)と、
一度に 続けて 3回も 吐いちゃったんです。大丈夫かな~

内容物は、毛玉のみ だったので、ちょっと安心したのですが、
(なんせ、誤食王ですからねぇ・・・(*´~`*) 紐とか出てくるんじゃないかと焦りましたよぉー)

量が多くて、またビックリ!

実際に吐いた物が こちら↓なんですが、多くないですかねぇ
皆さんの猫さんは、どうですか?

猫が吐いた毛玉
↑オンマウスでブツが見れます(お食事中の方はあとにした方がいいかも~(´・Д・)」)

ちびニャンは、年に数回(季節の変わり目とか)、毛玉を吐くのですが、
量は、この1/3 ぐらいなんです。 たまさんでも 1/2 ぐらい。

多いのかな~ 少ないのかな~ どっちなんだろう~。

この日ね、ちょうど、ブラッシングをしたばかりだったので、
もしかしたら、一時的に飲み込む量が増えただけなのかもしれないですけどね^^。

普段は、大便さんと一緒にヘアボールを出してくれるのですが、
ここ一週間ぐらい、出ている気配が無かったので、溜まり 過ぎて 詰まったら大変だーと、
念入りに、ブラッシングをしたんです^^。 と言っても5分ぐらいですけどね^^。

だからなのかな~( ˘•ω•˘ )。 でも、その後は、調子が悪くなる事もなく、
落ち着いたら、ご飯をモリモリ食べていましたぁー^^。

ちなみに、スリッパは、すぐに洗いましたよー(= ̄∇ ̄=)。
バイ菌さんが増える季節なのでね、しっかり消毒もしました。


余談ですが・・・

猫は よく吐く生き物だ! なーんて言われていて、
その多くが、生理的なもので問題ないと言われていますが、

中には、危険なサインが隠れている場合があるので
気をつけて下さいね~。


たまさんも あまり吐かない子だったのですが、
急に吐くようになりました。

健康な時は、年に数回程度(3~4回)の嘔吐です。
そして、その多くが、毛玉でした。季節の変わり目が多かったですね。

それが、一日に何度も(5~6回)吐くようになって、
慢性腎不全になっていることが分かりました。

恐らくは、脱水症状と排出されなかった老廃物による吐き気で、
吐いた物は、ほとんどが水分でした。 何も出てこない時も・・・。

食後すぐに吐いた時は、食べた物も入っています。

食後すぐの嘔吐は、『吐き戻し』と言われていて、心配ないようにも見えますが、
トータル的に観察すると、異常な状態であることが分かると思います。

吐くタイミングや、嘔吐物、回数など、
しっかり見守って欲しいなぁーと思います^^。

また、高齢の猫さんになると、
毛繕い(毛づくろい)を あまりしなくなる子がいるので、
こちらも注意が必要なようです。 

たまさんも 晩年は、グルーミングを 小まめにしなくなり、
古い抜け毛が固まって、脂っこくなってしまった時がありました。

このことを 知らなかったので、皮膚病かなーと思い込み、
病院で診て頂いたら、「単に抜けてないだけ」って言われて、w(゚o゚)w

バリカンで ガガーッと剃られて、ハイ終わり^^。

腎不全の治療の効果もあってか、
生え変わった 新しい毛は、綺麗になりました^^

人間によるブラッシングも、意外と必要なんですね~^^。


まだまだ甘えん坊のちびニャンですが、今年で10歳。
立派な おっちゃん猫さんなので、これから先、気をつけなくっちゃね^^。

昨日は、少し涼しく (というか寒かったぁーヽ( ̄д ̄;)ノ)、
久しぶりに、丸くなって寝ていました^^↓。

ダウンの上で丸くなって寝る猫(ちび)

この可愛い~♪カワイイ寝顔を見る度 (* ´ ▽ ` *)←親バカ
この子を守らなくっちゃ!って、思うんです^^。


【関連記事】

猫、ストレスで吐いた?
猫が吐く原因と対処(我が家の猫編)
ご飯を我慢する猫(ちびニャンが吐く 他のパターン)

毛並みが悪い、ボサボサは 老化現象ではない?!

ポチっと応援してくれるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
web拍手 by FC2

| その他の病気・手術 | 02:47 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

病院を変えたワケ

少々バタバタ~、そして、ちょっとだけ体調を崩しちゃいまして、
お返事等が遅くなってすみません。

今日は、ずーーっと 前から書こう!と思いつつも あれこれ脱線し、
長い間、下書きになっていたお話です∠( ^ o ^ ┐)┐。

これは、たまさんを救ってくれた病院と出会うまでのお話です。

現在は、ネット上で多くの情報を手にする事が出来るので、
猫さんが、尿路結石になりやすい ことは よく知られていますよね~^^。

また、多くの病院は、ホームページを持っておられるので、
病院探しも 昔ほど 困ることは ないとは 思います。

ですから、今更~と思われるかもしれません。
けれど、情報が豊富だからこそ、悩むこともあるかとも思います。

大した話では ありませんが、
たまさんとの 思い出話だと思って読んで下されば嬉しいです。

(前おきが長いぞ~(´∀`*;)ゞ)

お風呂に入る猫(たま)にゅーよく中
よんだぁ~? お風呂に浸かるのが好きだった たま


① はじめて行った病院

たまさんは、生後2~3ヶ月頃に我が家にやって来ましたが、
なかなか大きくならない子でした (´・Д・)。

よく食べるし、元気いっぱいで^^、これが普通だと思っていたんです。
初めての子ということもあって、成長スピードが分からなかったんですね。

後に、ちびニャンを迎えることになるのですが、全然違いました^^。
あれ?昨日より一回り大きくなってない (;゜0゜)?と 驚くほど、
ちびニャンは、グングンと大きくなっていきました。

たまさんを育て始めて数ヶ月。
成長するどころか、むしろ、ガリガリに痩せてきた気がして、
病院へ行きました。

ガリガリな赤ちゃん猫(たま)
自分より大きな ぬいぐるみで遊ぶ たま

こちらの病院は、(猫さんを十数匹飼っている)ご近所さんに教えて頂きました。

とても優しそうな年配の女医さんで、
「回虫が原因でしょう」 とのことで、虫下しのお薬を貰いました。
診断は、的確で、正しかったと思います。

その薬が効いた みたいで、
このあと、急激に体が大きくなり始めました。

食欲だけは、あったからねぇ・・・(´∀`*)。

診療自体に 疑問はなかったのですが、

「ゲージが無かったら、洗濯ネットに入れてくるといいよ。
そしたら、落としたって、逃げないから。」

って、笑顔で言われて・・・ムムム?、言葉に違和感を感じました。
落とすだなんて、あーたね~(♯`∧´)

確かに洗濯ネットは便利なので、その後 利用させてもらっていますが、
そんな 簡単に落としやしませんよ!(*`へ´*)。

物扱いされそうな気がして、やめました。


② マイペースな先生(2箇所目)

たまさんが トイレ以外でオシッコをするようになって、
シートには、白い粉みたいな物が付着していたので、

尿結石かも~と、慌てて行った病院です。

ひざの上のたま
膝の上で座っている たま

こちらも ご近所さんに薦められました。
診察代が安いし、余計な検査もしないし、親切よ~、との事。

確かに、とても感じのよいお爺さん先生で、
お家には、猫が2匹いて、ワンちゃんも飼っているので、
この先生なら、きっと、大切にしてくれる!って思いました。

だってね、家にいる猫さんの写真も見せてくれたんです。
可愛いでしょ~ってね^^。

それで、「猫ちゃんは、c/d(ヒルズ)が嫌いだから、
ユーカヌバを あがた方がいいよ
」って、
言葉を信じてしまったんです。

味の好み まで 知っているなんて、さすが!。
猫さんを飼っている先生は、やっぱり違う! 安心だなぁ~と・・。

※ユーカヌバさんのフードがよくないという意味ではありません。
うちの子には合わなかったということですので、ご理解願います。


そして、数ヶ月経ったある朝、
オシッコを完全に詰まらせてしまいました (;゜0゜)。

一歩進んでは座って、オシッコ姿勢を取るが、出ない。
また一歩進んで座って出そうとするが・・・出ない。

部屋中を 動き回りながら、オシッコを出そうとしているが、
いっこうに、オシッコが出ないんです。

とても辛そうに鳴いている姿を見て、
これはヤバイ!って感じました。

診療時間外でしたが、慌てて電話しました。
幸いにも、先生がおられて、電話に出てくれたのですが、

「僕は、これから 朝ご飯を食べて、ジョギングしないといけないので、
診療時間になったら来て下さい。」との対応。

「とても辛そうなのですが、待たせても大丈夫ですか?」との問いに、
「猫は、尿を 24時間溜められるから大丈夫、ではまた後で。」

あまりにも 素っ気無い対応に、思わず唖然・・・ええーー(;゜0゜)

こんなに辛そうなのに・・・。病院にいるなら、
すぐに診察して欲しいんだけどなぁ~Σ(´Д`*)。

でも、大丈夫なら・・・と、不安になりながらも 診療時間になるまで待ち、
オシッコを出す処置をして頂いて、危険な状態にはならなかったのですが、

「もう少し遅かったら、危なかったよ」的なことを言われて、あーーん??
あんた さっきは、大丈夫って言ったやろ!!!!!

きっとね、1時間ぐらいは 待っても問題なし ってことだったと思うのですが、
それにしても、苦しい思いをしている子がいる前で、ご飯食べるから~、
だなんて・・・、正直でいいけど、ウソでも 他の言葉があるでしょ?

診療方法?処置の順序?は問題ないと思いますが、
マイペース過ぎる先生なので、もっと深刻な病気になった時に
ちゃんと対応してくれるか、心配になり、やめました。


③ 怖い先生 (3ヶ所目)

こちらの病院は、あまり いい噂を聞かなかった病院です。

診療代が高額な上、いろいろな検査をするから、やめた方がいい、とか・・
ケージに入れて行かないと、ペットを大切にしていない!と怒られるとか・・・、
ちょっとでも体重が重いと、管理がなってない!ダイエットをしろ!と言われるとか・・。

とにかく、飼い主には厳しいと聞かされていた病院なんです。

ではなぜ?こちらの病院に行くことになったかと申しますと、
前回の病院で断られたからなんです。

帰省(母の実家)する際に、預かって欲しいと相談したのですが、
「うちは、ペットホテルはしてないから~」とあっさり断られました。

でも、病気持ちの子を一人にしておけないと(数日留守になる)、
この怖そうな病院を訪れてみました。

こちらの病院でも、最初は、「ペットホテルはないです」って言われましたが、
でも、病気持ちの子は、預かります。」と言ってくれたんです。

おおーーっ、これこそ!医者だよね~ パチパチ

私だって、単に ホテル感覚で預けるつもりはないんです。
急変した時に対応してもらいたいから病院に預ける訳で・・・。

まだ一度も 診察してもらった事がないのに、
しっかりと対応して頂いて、本当に嬉しかったです。


そして、これが 運命の出会いになったんです。


「ご飯は何を食べていますか?
うちの病院に同じ物があれば、それをあげますけど。」

と 言われ、

「ユーカヌバをあげています。」と答えると、

「え?この子、結石だよね? 
ユーカヌバは、再発するからやめた方がいいですよ」って。

ええええええーーーーーーΣ(゚□゚(゚□゚*) そんなぁ~(;д;)

「でも、c/d は、猫が嫌いだからって言われて・・」と返すと、

首を かしげながら、

「猫は好き嫌いの激しい子が多いけど、
ヒルズは比較的食べてくれるんだけどなぁ~」と。

「ユーカヌバは、健康な子が結石にならないように、
予防する ご飯なんですよ」 とも・・・。

そーーなの~(;゜0゜)?? そんな説明なかったよ。

(ユーカヌバさんにも特別療法食がありますが、
この当時は、一般食の方を薦めれていました。)

前の病院で聞いていた話と 全然 違うじゃん!!。

確かに、再発した。 それならば、c/d を あげてみよう。

ここで初めて、たまさんを救ってくれたフードと出会ったのです。

この c/d について等は、またの機会にお話しますが、
ご飯を変更してからは、一度も再発していません。
しかも、風邪一つひかずに、12歳まで元気に過ごしてきました。
でも、症状が重い子は、ヒルズでも再発し、ロイカナへ変更する子もいます。
ここの病院でも、効かなかったら 違うフードを試してみましょうって言われいたんです。

たまのおせち
c/d の方がよく食べてくれました^^。好きだったみたい。

さて、話が戻りますが、

恐い先生だと聞かされていて、診察してくれた院長先生は、
正に、うわさ通りの 強面の先生だったんです。

見るからに、厳しそうで 恐そう・・・(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

言葉は濁さず、ハッキリと物を言いそうな感じの・・・((((;゚Д゚)))))))。やべっ。

それで、私は、怒られる前に言っちゃおう!と考えたんですよ。
先手必勝! 言い訳も用意してね。

「この子、太ってますよね~。減量させようと思っているのですが、
食欲旺盛で・・・・困っているんです」

すると、

「うーん・・・、でも骨格が大きいから、6kg ぐらいあってもいいよ」

よっしゃーーー!!勝った!\(^o^)/ 怒られなくて済んだよ~。

「でも、これ以上 大きくしないで下さいね。
心臓に負担が かかるから。」

はーい(^-^)/ 気をつけまーす。
でも、大きくなっちゃいましたけどね・・∠( ^ o ^ ┐) 最大8kg

それから、ゲージ(キャリー)についても、先手を!。

「本当は、ゲージに入れて連れて来たいんですけど、
重くて・・・、片手では持って来れないんです。」

そしたらね、

「このまま、リュックでもいいですよ。この姿勢に慣れているなら。
この子が安心できる環境が一番ですよ。」(抱っこ姿勢)

ですって (*^_^*)。 聞いていた話と違うけど、
怒られなくて 良かったぁ~ o(*゚▽゚*)o

それぞれに合った 環境が 大切ですよね~。
これこそが、やっぱり 良いお医者さんだと思うんです。

でも、ゲージに入れずに怒られた!って、どんな人なんだろう?
ちょっと 気になる・・・^^。

現在は、肩掛けできる ソフトキャリーケース なる物を使っていますが、
当時は、ハードタイプのキャリーしかなくて(知らなくて)、
人間の赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこするような姿勢で、
大きなリュックサックに入れていました。

私なりに、大切に連れて行っていたんですよぉ~(*^_^*)。

聞いていた話と全然違っていましたが、
噂に踊らされて、行かなかったことを、反省しました。
全然 恐くないし、とても丁寧に診察してくれます。

もっと早く この病院を訪れていたら、
こんなに辛い思いを させずに済んだかも!と思うと、
自分が 情けないです。 ごめんね、たまさん。

後に、猫さん繋がりの知り合いが増えてくると、
良い噂も多く 聞くようになりました(^∇^)ノ。信頼している方が多いんです^^。

おそらくね、イメージが良くなかった人は、特定しにくい病気で、
選択範囲を狭めるために、検査を沢山していたんだと思います。
血液検査などで すぐに判明する病気ばかり ではありませんから・・・。

今考えると、この人は、ちゃんと説明を聞かなかったんじゃー
ないかな~って思ったりします。

よく分からない上に、病名がハッキリしなかったら、
そりゃー、この先生大丈夫かな~って思いますもんね。

診察方法や、その先に結果についても 予測して、
とっても丁寧に説明してくれます。

そして、高いと噂されていた診療代金ですが、標準的な金額でした。

でも、こちらも、相場が分からなければ、高いって感じると思います。
だって、人間に比べたら 高いですもん。

なので、悪い噂も、よーく整理して考えないと いけない!
って、思うようになりました。

現在は、数年前に引越しをしたので、4軒目となる病院にも行っていますが、
定期健診には、こちらの病院に通っています。

最近は、動物医療でも、セカンドオピニオン?を
選択する方が増えてきていますよね~。

私は、違う意見を求めて、病院を変えた訳ではないのですが、
結果的には、良い方向へ進むことが出来ました。

近くの病院は緊急用として利用させて頂いていますが、
気になる事は、通い慣れた先生に意見を求めています。

やっぱり安心出来るんです。

今後も、この 二つの病院の先生のお話をよく聞いて、
ちびニャンを 守っていこうと考えています。


余談ですが・・・

今回の噂の件も同じですが、
現代 社会は、様々な情報が飛び交っています。

一昔前(ネットが普及する前)と違い、
一般人が情報を発信する時代です。

その中には、マスメディアよりも より詳しく、真の情報もあれば、
偏った意見があることも忘れてはなりません。

こうして、感じたことを書いている私の話も、
一つの意見に過ぎず、偏った考えかもしれません。

どの情報が正しくて、どの部分が一部の意見であるかを、しっかりと考え、
自分で整理していかないといけない時代になったなぁーと感じています。

最後まで読んで下さってありがとうございます。

ポチっと応援してくれるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング


一日遅れちゃったけど、たまさん、ありがとうね^^。
web拍手 by FC2

| その他の病気・手術 | 00:53 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワクチン接種の選び方?(我が家編)

ニャハハ~∠( ^ o ^ ┐)┐。

前回の記事から時間が空いてしまいましたが、ワクチンさんのお話です。
もう とっくに忘れたよ~って思われていると思いますが、書きましたぁ~^^。
専門家ではないので、細かい意味は間違っているかもしれませんが、私なりに分かりやすくまとめたつもりです。いつものことながら、長文でありますので、気になる部分だけでも読んで頂けると嬉しいです。



猫さんの ワクチン接種。

やるべきか、どうか 悩むところですよね~(○´・Д・`)ノ

一昔前は、『予防接種は、毎年 受けるもの!』
『飼い主の義務』、『それが当たり前』、
『みんなが受けているから~』
『ワクチンを 打てば安心!』

そんな風潮(?)が あって、 私も、
なんの ためらいも無く、定期的に受けさせていました。

受けさせることが、猫さんのため!だ と 信じ、
また、それが、良い保護者だと 思っていたんです。


ドキっとする猫(ちび)舌が出てるよ~^^


でも、最近は、そうでもないみたいですね~。

ワクチン接種 後に 死亡した猫さんの情報が
ネットを介して、よく目にするようになりました ( ノД`)。

私も、亡くなってしまった猫さんのブログ(海外)を見てからは、
怖くなってしまい、やめた一人であります(数年前)∠( ^ o ^ ┐)┐。

病気の感染も 怖いけど、自分の選択で失ってしまったら・・、
そっちも怖い。 あー、もう!どうしよう~?

こんな私が(ちびが)、今回、予防接種を受ける決断をした経緯、
考え方について、まとめました。


 ワクチンは 受ける べきか?

そりゃー、受けない方がいいに決まってるよね~。
死滅させた(弱めた)ウイルスだ!とはいえ、病原体であるわけだから、
体内に入れない方がいいと思うんです。

感染ルート(外猫さんと接触する機会がある、など) が なければ、
病気がうつることは ないので、受ける必要はない らしいですよ。

でも、ウイルスは、人間の靴や衣服に付着して、
家の中に入り込むことがあるそうなので、注意が必要なんですね。

このような感染を防ぐ為にも、受ける家猫さんは多いみたいです。


うちの場合、摂取していなかった期間は、外気に気をつけていました。

帰宅したら、まず、手洗い うがいをして、
外着から部屋着用に着替えて
から、
ちびニャンに 「ただいま~」の 好き好き~の抱っこ^^。

出来るだけ、外に出した物には触れさせないように心がけしました。
(ダメ!って言っても、クンクン・・匂いを嗅いでいましたけどねΣ(´Д`*))

そして、のら猫さんが、家の周りに来た時は、
窓を閉めて、空気感染しないように頑張りました^^。

ちょっと神経質かもしれないけど・・・心配だからねぇ~^^。
お外を見たかった ちびニャンには、文句を言われましたけどね~^^。

しかしですね、周りで生活している猫さんが増えてきたんです。
それで、予防接種する決意をしました。
その辺の話は、前回の記事をご覧下さいね~。こちら

お外に遊びに行く猫さんは、ワクチン接種をした方がいい!
って、病院の先生が言っていました。

散歩中の猫(たま)
呼んだぁ~?


 毎年(定期的に)打つ 必要があるのか?

3年間隔でいい!という意見も聞くようになりました。
そもそも、1年でピッタリ効果が無くなるってことはないらしいです。

これには、個体差があって、1年で消えてしまう子もいれば、
3年ぐらい持ち続けている子も いるってこと らしいんですね。

免疫抗体が どれだけ残っているかは、
血液検査(抗体価検査)をすれば分かるらしいんですが、

猫さんに負担が多くかかるし、コストもかかるので、
毎年受ければ 間違いないでしょう、ってことらしいですよ。

今、ちびニャンは、体の中で、この抗体を作っているはずです。
良質(?笑)な抗体を沢山 作って欲しいものです^^。

抗体さんよぉ~、ちびニャンを 守って ちょーだいね~(^∇^)ノ。

えへへ∠( ^ o ^ ┐)┐ 余談ですが、私(人間)は、
麻疹(はしか)を、なーーんと、
三回も経験させていただきましたぁ~(´∀`*;)ゞ

人生のうちに 一回 感染すれば、もうかからない!
って、聞いていたのに、二回目があって・・・、
さすがに 三回目はないだろう、って思っていましたが、
かかりましたぁ~Σ(´Д`*)。 ナハハ~( ̄^ ̄)。

今度、「感染が拡大中」って情報が入ったら、
真っ先に、予防接種を受けようと思っています。

もう 勘弁だぁぁぁあ~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

と、いうことで、次に進みます。


ワクチン接種していれば、病気にかからない?

それは、絶対とは言えませんねぇ。
先ほどの、私の経験より結論が出ていますが、

病原体と戦う 抗体を うまく量産出来ない(少ない)子は、
戦力に負けて、病気になってしまう可能性がありますし、

体調が悪い時に感染すると、かかってしまうことがあるそうです。

私も、おそらく、抗体をたくさん作れなかった派(2回目)で、
寝不足が続いた時期に感染してしまいました(3回目)。

ただ、軽い症状で済ませることが出来るそうなので、
受けないで感染するよりかは、受けた方が いいのかな~とも思います。

ちなみにですが、予防接種をしておけば、風邪などにかからない!
と思っている方がいるようですが、受けた種類のウイルスに関しては、
かかりにくくなる、ということです。

人間が インフルエンザの予防接種しても、普通の風邪にはかかるのと
同じようなことだと思います。


 不活化ワクチン と 生ワクチン、どっちがいい?

これは、両方のメリットとデメリットを どうとらえるか?
によると思います。

私は、不活化ワクチンを選びました。

最近は、生ワクチンの方がいいんじゃないか、って考える飼い主さんが増えて、
私も、どっちが 安全なのか?すごく悩みました。

でも、初めて死亡例を読んだブログの猫さんは、
生ワクチン(3種混合)だったんです。

予防する為に注射したのに、その病気にかかってしまい、
命を落としてしまいました。 それを読んで すごく悲しくなりました。

だって、猫さんを思ってのことなに、死んじゃうなんて・・、
哀しすぎます 。゚(゚´Д`゚)゚。

きっと稀なケースで、健康診断をして、体調が良ければ、
あまり深刻な状況にはならないと 思うのですが、

健康そうに見えても、病気が隠れている可能性もありますよね~。

いくら 毒素を弱めたウイルス(細菌) だから、とはいえ、
やはり 生きているわけで、勝てなかったら・・・と思うと怖いのです。

その点、不活化ワクチンは、死んだウイルス(細菌)なので、
病気そのものを発症する恐れは、ないそうです。

感染すると 死亡する確率が高い病気を予防するわけですから、
ウイルス(菌)も 強いんですよね~(><)。


しかし、不活化ワクチンにも危険があります。

不活化ワクチンには、生ワクチンを選んでいる方の多くが気にしている
アジュバントという 添加剤が入っています 。

この物質は、生ワクチンのような環境に 似せて(?)ワクチンの効果を高めるもので、
ほとんどの不活化ワクチン薬剤に入っています。

この アジュバントは、ガン(しこり)の要因ではないか、
って言われている物質なんです。
(猫ワクチン関連性肉腫、誘発性線維肉腫 の報告)

発生率は かなり低い(1万頭に1頭)とされていますが、
最近、ワクチン接種が主な原因と思われる癌で亡くなってしまった、
という猫さんの情報も増えているんですよね~(><)。

少ない、とされていますが、皆さんが感じているように、
私も、もう少し多いいように思います。やっぱり 怖いなぁ~。

とはいえ、猫さんは、注射されると 炎症や しこり が出来やすい体質、
という情報もありますので、原因ははっきりしてないそうです。

ワクチンしか注射した経験のない子や、注射された部分に腫瘍ができた。
という状況で推測されていることが多いようですね。

通っている病院では、
「2~3日間は、注射した所をよく見ていて下さい」と言われました。

「盛り上がるように腫れたり、熱を持つ事が時々ありますが、
通常は、数日で治まります。ただ、腫れが長引く子の中には、
悪性の腫瘍(しこり)に変化することもあるので、腫れた場合は、
一度、病院に電話を下さい。」
 とのことでした。

ちびニャンは、今のところ、腫れることもなく、熱を帯びたり、
発熱する といった副作用は 現れていません。

猫さんによっては、不活化ワクチンの方が強い副作用が出る場合もあるようです。
(発熱、元気や食欲の低下、下痢、嘔吐、呼吸の異常、貧血など)

この腫瘍(しこり)については、注射後1ヶ月 辺りまでは注意が必要だ、
という情報と、10年ぐらいは見た方がいい、という情報があります。

私は、いろいろな方の経験談を拝見して、半年間は、
注意深く観察していこう!と決めました。

悪性の腫瘍の場合が多いそうですが、転移は少なく、
早期発見、摘出で、完治することもあるそうです。

もう、こんな思いをするなら、生ワクチンの方が~という思いもありますが、
接種後、数日で失ってしまうかもしれない リスクよりも、
数年後の可能性の方に賭けたのです。

必ず 癌になる、ってワケでもありませんし、
その間に、新しい治療法が 見つかるかもしれませんからね^^。


混合3種 か 5種類、どちらを選ぶか?

(猫さん用のワクチンには、1種類(単体)から7種類までありますが、
ここでは、よく目にする 3種と5種に絞りました。)

先ほど書いた話の延長になるのですが、接種後に死亡したケースの中には、
5種類のワクチン、と記載されていることが多く、私は、3種類を選びました。

そもそも、ちびニャンは、基本的には お外に出ないので、
(病院通いと、ゴミ出しのお供 が 主な外出)

空気感染や室内に持ち込まれる病原菌に対しての予防 だけで
充分なのかな~って考えています。

お外で ケンカしてくるような元気な子には、
5種類(白血病ワクチン入り)の方が安心なのかもしれません。

でも、白血病ワクチン接種後の腫瘍が出来る確率は、1/1000、
という情報があります。1万頭に比べると、確率が高くなります。

また、一時的に免疫力が低下して、
他の病気を発症するケースもあるようです。

コロナウィルスを持っている(キャリア)猫さんの中には、
このワクチン後に、猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症して亡くなった、
という情報もあります。

たまさんは、よく散歩をしていましたが、
白血病、猫エイズに感染することはありませんでした。
(3種混合ワクチン接種のみ)

私は、家猫(室内飼育)さんなら、3種混合で充分だと思うんです。



 ワクチン接種後は、30分は、病院内で待機!

どのワクチンにも共通している 副作用のひとつ、
アナフィラキシーショック(アレルギー反応)。

呼吸が速くなったり、痙攣、呼吸困難、血圧低下などを起こす症状で、
気道の腫れなどから命に関わる深刻な状態になることもあるそうです。

接種後 数分間~1時間以内に起こる発作で、迅速な処置が必要になります。

通っている病院で聞いたところ、

「接種後10分ぐらいで発生することが多いので、その間は、獣医が見守っています。
その後、飼い主さんに説明などをしながら、
30分ぐらいは、病院内に留まってもらうようにしています。」

と 言われました。

中には、接種後すぐに帰らせてくれる病院があるようですが、
接種した時間を聞いて、1時間ぐらいは、すぐに病院へ戻れるように、
(遠い人は近くで待機)しておいた方がいいです。

私も、1時間ぐらいは、病院の近くで のんびりしてました。

また、この発作は、突然起こるもので、去年 大丈夫だったから
今年も大丈夫!ってことはないそうなので、気をつけて下さい。

過去に、一度でも、アナフィラキシーを起こしたことのある薬剤は、
2度と使えないので、ワクチン名(メーカー)を覚えておきましょう。
(証明書に記載してあります。)

予防接種(ワクチン)証明書(ちび)2016
↑ちびニャンの予防接種証明書(フェロバックス3)


 まとめ

今回、近所に 目ヤニや鼻水がひどい猫さんが引越ししてきて、
予防接種することを決意しましたが、

調べれば調べるほど、怖い話が多くて、
どうしたら良いか悩みました。

どのメーカーが一番安全なのか?も よく分からず、

長年お世話になっている病院で扱っているワクチン
(フェロバックス3-共立製薬)を選ぶことにしました。

今のところ、大きな副作用は起きていません。

予防は大切だけど、やっぱり、腫瘍が怖いです。

ちびニャンの年齢(今年10歳)を考えると、
これが最後かな~。最後にしたいなぁ~。

体力が低下した老猫の方にこそ、予防接種を!という考えもありますが、
免疫力も低下してくると思うので、薬に勝ってくれるかどうかも心配になります。

たまさんの経験を考えると、そろそろ、
老衰による病気が現れ始めてもおかしくない時期です。

ずーーーーっと、健康でいて欲しいですが、
その保障は どこにもありません。

そんなことを考えると、健康な今の時期に、
予防接種しておいても いいのかな~と考えました。

たまさんは、腎不全になってからは、
一度も 予防接種していません。

予防接種は、健康な時にしか受けられないことを
忘れないで下さい。

病院では、接種前に健康診断をしてくれますが、
一時的に治まっているような症状には、気付きにくいことがあります。

目ヤニや鼻水、口内の乱れ(歯茎の荒れ、口内炎など)などは、
一見、大したことがないようにも見えますが、
中には、重大な病になりかけている場合もあります。

(うちの茶トラ君は、口内炎と歯垢がひどく、
後にエイズ陽性であったことが分かりました。
よくケンカして帰ってくる子だったので、
どこかで感染していたのかもしれません。)

普段から、様子をよく観察して、少しでも、体調がおかしい
(食欲はありけど、下痢気味とか~普段よりよく寝るとか・・)
と思う時は、接種は先延ばしにした方が良いです。

予防は大切だけど、病気に感染するようなものですから、
危険な面があることをお忘れなく~。

ちなみに、通っている病院では、ワクチンを勧められたことはありません。
病院で 預かってもらう為(ペットホテル)には、必要な条件だったので、
受けることになり、その後、毎年 受けることになりました(たまさん)。

病院の説明によると、患者さんと同じゲージを使用することになるので、
院内感染を防ぐ為にも 必要な条件なんだそうです。

病院ですからね、
感染した患者さんが来るのは当たり前ですよね。

未接種の猫さんが、院内感染してしまい、
死亡してしまったケースもあります。

病気持ちの子は、病院で預かってもらった方が安心ですが、
できれば、家族や友人などに預けた方が、良い気もします。

話がズレてしまいましたが、最後まで読んで下さって、
ありがとうございます。

みんなみんなの健康を願っています^^。

あ、ちびニャンの 接種後の様子は、また次回に~テヘへ∠( ^ o ^ ┐)┐。

お皿の前でご褒美(パウチ)を待っている猫(ちび)

今回のご褒美はこちら↓でーす^^。

ご褒美のc/dパウチをクンクンする猫(ちび)


【関連記事】

ワクチン摂取に行ったワケ(理由)


ポチっと応援してくれるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
 
キーワード 猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)パルボウイルス
 猫ウイルス性鼻気管炎 猫カリシウイルス感染症
 アルミニウムアジュバント
web拍手 by FC2

| その他の病気・手術 | 00:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫、ストレスで吐いた?

ちびニャン 8歳

健康診断 から帰った日のこと。

検査結果は→こちら

お疲れモードなので、
ぐっすり 寝るかなーって 思っていたら、

ちょっとだけ 寝て、ダダダーーーーって 走って、
カリカリ ご飯を ガツガツ食べて、トイレにイン。

意外と元気だったんです^^。

毛づくろい中の猫(ちび)

だから、安心していたんです。

おぅおぅ、今日は ストレス溜まってなさそうで
良かったぁ~と。

(病院通い、少しは 慣れてくれたのかな~

でも、そう思ったのも つかの間。

しばらく したら、

オエッ、オエッ って、吐いちゃったんです

食べたばかりの、未消化の物体、
いわゆる 「吐き戻し」 ですね。


猫さんは、よく吐く! って言われていますが、
うちのちびニャンは、あまり吐かないんです。

2~3ヶ月間に一度 あるか無いか ぐらい。
普段は、お腹が空いた時が多いの(胃液と胆汁)。

ちびニャンは、ガマン強い子なのねー。
たまさんは、くれるまで鳴き続けてましたけどね

(ちびニャンの吐くときの様子は、
こちら→ご飯を我慢する猫

変だな~、健康診断で異常は見つからなかったし、
どうしたんだろう???

普段 だったら、「急いで食べるからだよー」
ってな 具合で、心配はしないと思うのだけど、

たまさんが天国へ行ったばかりで、
自分でも分かるくらい神経質になっていて、

心配になってきちゃったんです。

ひとまず、吐いた後も ケロッとしていて、
「ご飯ちょうーだい!!」って、言ってくるし、

ご飯(缶詰め)を欲しがる猫(ちび)
ごほうび くれるっていった ニャリ!

うんうん、確かに言ったよ。

吐いたのは、一度だけ(2回続けて吐いた)だから、
様子見て、明日 電話してみよう!

その間、ネットで調べてみたのですが、
「吐き戻し」で 病気に繋がる情報がなく、

これは きっと 「ストレス」が原因ではないか!
と判断しました。

もちろん、素人の自己判断はよくないので、
獣医さんに聞いてみました。

「一度だけの 吐き戻しなら、心配ないですよ。
頻繁に吐くようなら、来て下さい。」との事。

ええーっ、頻繁って、どれぐらい?

「週に2~3回ぐらいですね。
フードを変更した際に毎回吐く子もいます。」

ふむふむ。合わないんですね。

普段とは違うタイミングで吐いたけど、
ストレスで吐く子はいます?

「なくは ないです。」

ええーっ、微妙だな~

「希にいますね。」

おおっ、やっぱり。

「でも、ちびちゃんの様子からして、
一回きりで終わりそうな気がします。」

うーむ、それって、ストレスではないってこと?

はっきりとした回答はありませんでしたが、
ストレスで吐く猫さんはいるそうです。

そういえば、初めてのお客さんが来た時も
ちびニャンは 吐いていました。

やっぱり、ビビリ屋さん なんだなぁー
なんだか、可哀想。ストレスを溜めないようにしなくちゃ^^。

ちなみに、吐いたときの対応は、
断食させる→4~5時間後、ドライフードから与えてみる

催促されても、我慢させていい、との事です。
すきっ腹になっても、胃が悪くなることはないそうです。


でもね、ちびニャンは、吐いたあとも、すぐに食べています。
猫さんよっては、大丈夫なようです。

まずは、専門家に相談することが 大切だと思います。


【関連記事】

ちびニャン、健康診断に行きました
猫が吐く原因と対処(我が家の猫編)


ポチっと応援してくれるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
web拍手 by FC2

| その他の病気・手術 | 18:01 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

去勢した後に かかった病気とは?

今日は ちょっと痛いお話。(興味ない方は写真だけでも見て行って下さい。)

7月と言えば、ちびが 去勢手術を受けた月です。

初めは 4月(生後8ヶ月)の涼しい時期にお願いするつもりだったのですが、
先生の勧めで 7月(生後10ヶ月)になりました。

暖かくなると 傷口が膿んだりしないのか 心配だったのですが、
先生は 大丈夫!と おっしゃっていました。

それよりも、骨格が成長しきってないことの方が 良くないとのことでした。

去勢すると、骨などの成長が止まるそうです。
尿道が小さいままだと 尿結石にも なりやすいとか。


そんなわけで、7月の暑い時期になりました。
でも、膿んだり、感染症にかかったりは しませんでした。

そうだよね?ちびニャン

ネコ鍋ならぬ タライ猫6322 タライを堪能中
にゃー? もう わすれたニャ


ただ・・・ね、

不思議なことに たまの時と同様
次の日に お熱が出ました。

(お耳の先まで あっつくなっていました。

私は てっきり 傷口が炎症しているんだと 思いました。
でも、先生は 風邪だと言うんです。

抗生物質を飲めば 大丈夫だと・・・。
感染症でも 同じような処置になるかと 思うのですが、

ここは、専門家の言うことを 信じるしかありません。
信頼している動物病院ですし。

ということで、

去勢したあとに かかった病気とは?風邪だったんです。

二人は、違う病院で手術を受けましたが、
共に、術後、約2日ほどで、風邪をひきました

たまは12月(生後約8ヶ月)の寒い時期だったので、気にしていなかったですが、
ちびは、7月(生後約11ヶ月)の暖かい時期だったので、少し疑問に感じました。

本当に風邪なのかしら?ってね。
炎症による熱なのでは? と思ったんです。

順調に回復したので 先生を責めるつもりはないのですが、
”本当の事が知りたかった”です。

本当に風邪だったのかもしれませんけどね。

去勢手術ですから、性ホルモンの関係か何かで、
体調が悪かっただけなのかもしれません。

顔を隠して寝るネコ (イメージ)

術後から風邪が治るまでこんな感じで寝ていました。(うぅ~痛そうごめんね)


参考になるかは分かりませんが、術後からの経過の様子をまとめてみました。
手術方法は違いますが、回復までの経過は同じような感じでした。

・予約をした日の午前中にお預け(日帰り入院)。

・麻酔から目覚めたあと、病院で体調を見て頂いて
 夜に病院にお迎え、そのまま帰宅。

・エリザベスカラーはなし。

 持っているなら つけた方が安心だけど、なくても大丈夫とのことでした。

後から知ったのですが、絶対つけなきゃダメ! と言われる病院は
やめた方がいいみたいですね。(オス猫の場合)

縫い方が下手だと、傷口の隙間から バイ菌が入ったり
傷口が 開いたりするそうです。

自分の腕に自信ない先生は それを恐れて「絶対につけて下さい。」
と言うことが あるとか。

メス猫さんの避妊(不妊?)手術に関しては、経験がないので分かりません。


・術後出ていた熱は 2~3日で治まり、
 それと同時に元気が出て、食欲も戻ってきました。


手術費用

たま は 8000円。 ちび は 15000円。

ちびの方が お値段が高かったのですが、
信頼出来る病院だったので お願いしました。

手術方法

パイプカット (たまの手術)

精巣は摘出せず、精子の通り道を途中で切断する手術方法。

傷口は5mmぐらいで、どこを切ったか分からないほどの大きさ。
手術直後は、睾丸は大きいままで、徐々に小さくなっていきました。

精巣は残っているので、ホルモンが分泌されるため、
体も大きく(太り易く)、頭も大きくなりました。


精巣摘出 (ちびの手術)

この方法には2種類あるらしいのですが、片方を切開し、
そこから2つの精巣を取り出す方法だと教えてもらいました。

ここの先生いわく、この方法が猫にとって一番ストレスなく、
術後の経過やもろもろ・・・いいとのことでした。

もうかれこれ6年も前の事なので、詳細は覚えていません。

生体用接着剤で閉じていたのかは よく覚えていませんが、
傷口は小さく(1cmぐらい)、とても綺麗で、先生のよさが伝わってきました。

いっぱいいっぱい なめていましたが、
傷口が開くような事はありませんでした。


まとめ

一般的に 去勢避妊手術をすると 太ると言われていますが、
ちびは、それほど大きくはなりませんでした。

また、発情とマーキングはセットのように思われていますが、
手術しても スプレー行為を する子はいます。
おそらく、性格(個性)の違いだと思います。

発情を気にして、小さいうちにしようと考える人も多いようですが、
体をしっかり作ることが 先決です

弱い状態で成長を止めてしまうと、病気にかかりやすい体になるそうです。
獣医さんに一度見てもらってから、時期を決めた方がいいと思います。

参考まで。

ポチっと応援してくれるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング 
web拍手 by FC2

| その他の病気・手術 | 09:15 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |