猫のサイン~メタボ猫日記

尿結石・腎不全の「たま」と、やんちゃな「ちび」の成長記録です。健康管理と楽しく暮らす方法、手探り中です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天国からの贈りもの~後編

時は流れて・・・
うちのリスたちが天国へと旅立ってから数年後のことです。

私は、二人のお墓参りに出かけました。
掘り返されたくなかったので、墓標はありません。妹と私だけの秘密の場所です。林の中にあります(イメージ)。ここなら仲間たちと伸び伸びと走り回って暮らしていけるだろうと思い、選んだ場所です

太陽が眩しい初夏の日だったと思います。その日はとても晴れた日でした。

目印を見つけてお花を植えました。

『何年も会いに来なくてごめんね。』

そう思いながらお花を植えていると、
風が吹いてきて、
ガサガサ・・・コトーン
と、空からどんぐりの実が落ちてきました。

『あれ~?どんぐりの木ってあったっけかな~』
見渡しても、他にどんぐりの実は落ちていません。

『あ、もしかしたら二人からのお土産なのかな~』
私はそう感じて
『ありがとうね、こんないい加減な飼い主でも気にかけてくれたんだね。
 大切にするね。』
と、手を合わせて伝え、持って帰りました

そしてまた時が流れて数年後。

部屋を片付けていた日のことです。
大切にしまっておいた「どんぐり」が無くなっていました。妹に聞いても知らないとの事。その下にひいてあった布切れだけはあります
ポツーンと残った布を見ると、
私は申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、
妹が一言。
『消えているってことは、二人からの贈り物に間違えなかったんじゃない?。単なる偶然に落ちてきた、本・物・のどんぐりだったら、今もあったかもしれないよ。』

『そっかぁ~、あのどんぐりは、二人が造り出した気持ちなの?
ありがとうの意味として受け取っていいのかなぁ~。
素敵なプレゼントをありがとう。とっても嬉しい~。』

どんぐりは消えてしまったけど、そう思うと気持ちは暖かくなりました。

人は、気のせいとか、偶然という言葉をよく使いますが、そうではないかもしれない、何らかの力が働いているかもしれい時が、あるのかもしれません。そう思える出来事でした。

気のせいかもしれないけど・・・という体験はまだ時々あります。
なんなんでしょうね・・。
【関連記事】
天国からの贈りもの・前編~虫の知らせ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング 
関連記事
web拍手 by FC2

| ・不思議な出来事(シマリス) | 12:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT