猫のサイン~メタボ猫日記

尿結石・腎不全の「たま」と、やんちゃな「ちび」の成長記録です。健康管理と楽しく暮らす方法、手探り中です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たまの足跡

昨日は、たまさんの四十九日。

好きだった缶詰めをお供えしました。

もう 天国に着いたかな~。

もう お腹は痛くないよね?

自由に走り回っているのかな~。

まだまだ、心配です。

お散歩する猫(たま)
お散歩中のたまさん

部屋の掃除をしていると、
ときどき、たまさんの爪が見つかります。

カーペットの上に落ちている爪を見る度、

あー、こないだまで、生きていたんだなぁー。

つい先日のことなのに、
随分と前のような気がします。

まるで、夢でも見ていたかのような感覚です。

でも、確かに、ここに、たまさんは いた。
生きていた。

走り回ったり、寝転んだりしていた。

そんな何気ない日常が 幸せな時間だったと、
改めて 感じています。

気持ち良さそうに寝る猫(たま)
今見ると、まだまだ あどけないお顔をしています。

爪やお髭は、
たまさんが生きていた証拠ですからね。

大切に取っておきますね。

たまさんは、壁でガリガリ、爪を研ぐのが
好きな子でした。

壁を 必死に ガリガリ・・ガリガリ・・^^
何かに取りつかれたように、
いつまでも いつまでも やっていましたね。

壁を爪でガリガリする猫(たま)


ヒヤヒヤしながら 見ていた光景が懐かしいです。

その壁を保護するために貼っていた段ボールは
もう ありません。

ガリガリする人は いなくなりました。
必要ないんです。

何も貼られていない壁は、
いっそう白く、殺風景に見えます。

こんなに広い壁だったんだぁ~

私の脳裏には、まだ、
たまさんが ガリガリ やっています^^。

こうやって・・・

たまの使っていた物が徐々に減っていくと、
生きていた証しが無くなるようで、

悲しくて、寂しくで・・・たまりません。

でも、トイレは まだ あります。

母は、
「トイレを使いに来るかもしれないから」

と言って、いつも場所に置いてあります。

けれど、もう トイレに入る姿は 見れないんです。
それはそれで、辛いです。

使われなくなったトイレは、

ぽつーんと、じっと、主を待っているようで、
寂しげに 見えます。

帰って来て ほしいなぁ~

ここは、唯一の専用スペースだからね。
残してあげたいなぁ~。

たまさんが この世に残して いってくれた 唯一の骨。 
思い出がたくさん詰まった たまさんの・・

彼の14年間を 支えてくれた 骨 です。

骨を拾ったとき、なぜだか、
もう そこには、いない気がしたんです。

不思議と 涙は出ませんでした。

確かに たまさん なんだけど、
魂の宿っていない骨は、軽く、
誰も住んでいない気がしたのです。

生命とは、実は、見えない物なんじゃないか。
そんな風に思えます。

たまの魂を ずーーっと、
見守っていてくれた 肉体の一部。

大切に大切に預かっておきます。

たま 天使1年生(遺骨)
ごちゃごちゃした感じが 我が家らしいです。

一緒のお墓に入りたいなぁ。

やっぱり、まだまだ、未練たっぷりです。

会いたいなぁ~。

私が そっちに行く時は、
三途の川まで 迎えに来てね、って、
お願いしました。


またまた お願いしちゃったけど、
天国に行くのが、少し楽しみになりました

今までPC上でしか会えなかった 
お友達ニャンコさんやワンちゃんたちにも
一緒にお迎えに来てほしいなぁー。

欲張りかしら?
私から会いに行かないとね^^。

魂だけだったら、ぴゅーと、
逢いに行けそうですもん。

たまさん。

茶トラ君も そっちへ行きました。
もう 逢えたでしょうか?

お盆は、二人で 仲良く 帰って来て下さい。
待ってます。

ポチっと応援してくれるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング 
関連記事
web拍手 by FC2

| ・猫の歴史、思い出 | 08:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT