猫のサイン~メタボ猫日記

尿結石・腎不全の「たま」と、やんちゃな「ちび」の成長記録です。健康管理と楽しく暮らす方法、手探り中です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天国のたま さんへ

いろいろ考えて、記録を残すことにしました。

たまさんへ・・・

2015年1月4日 午後4時ごろ 晴天

すがすがしい青空のもと、たまさんを見送ってきました。
たまさんが 旅立った朝のように、本当にいい天気でした。

たまさんは、私たちにとって太陽のような存在で、

日向ぼっこが大好きだったので、天気のいい日に
見送ることが出来て、本当に良かったです。

日向ぼっこする猫(たま)


青空を満喫しながら 羽ばたいて行けたことでしょう。

たまが逝った日の朝
たま さんが旅立った日の空↑

14歳と8ヶ月。

あなたと出会ったあの日は 雨が降り出す日でしたね。

よちよち歩く 小さな あなたが、可愛くて可愛くて、
せめて 雨から守ってあげたい、運命の出会いでした。

赤ちゃんのたま1074
たまさんの初めての写真(推定2ヶ月)

はじめは、里親を探していましたが、
手放したくない気持ちになったことを、
今でも よーく 覚えています。

動物は、先に逝っちゃうから嫌だ

そう言っていた母も、いつの間にか
あなたの とりこ になっていましたね。

突然 現れた あなたは、いつの間にか、
無くては ならない存在になっていました。

いつも家族の中心にいて、
私たちに たくさんの笑顔をくれましたね。

ありがとう

子供のころ、元気に走り回って、時々
イタズラ顔で こちらを振り向く

そんな ヤンチャな猫さんだった たまさんも
おじいちゃん になって いたんですね。

あの日、こんな日が来るのは、
ずーっと ずーっと 先の話、
そう思っていたけれど、

14年は、あっという間でした。

最期まで食欲旺盛だった たま さん。

朝になると「アーン、アーン」と言って、
寝てる私の 鼻を 甘噛みする たまさんがいません。

ストーブをつけると すっ飛んでくる姿も
ありません。

コタツの中にも いません。
大好きな窓辺にも いません。

どこにもいません。

あなたのいない部屋は、とても静かです。

あなたを失って、改めて、
存在の大きさに驚いています。

たまさん、あなたに会いたいです。

抱っこして、また お鼻ツンをして欲しい。

あなたが使っていたトイレは、
いつもの場所にあります。

一日に何度も飲んでいた水場には、
いつものようにタオルを敷いてあります。

蛇口からお水を飲む猫(たま)

しばらくの間 置いておきますので、
いつでも帰って来て下さいね。

でも・・・、

こんな 未練タラタラでは、
落ち着きませんよね・・・。

少しだけ、前へ進みましょう。

あなたが 旅立ったとき、

小さな変化に気づけず、
後悔だらけでした。

腎不全の先輩方のブログなどを拝見しても、
あなたに似た進行を見つけることは、
出来ませんでした。

けれど、腎不全の最期は、
悲しくも 同じ症状、旅立ち方でしたね。

腎不全になってからも、食欲旺盛で、
体重もなかなか減らず、

薬のお陰で、毛並みも良くなり、
元気も戻ってきました。

このまま回復に向かうのでは?
奇跡が起こるのでは?

そんな希望さえ、抱いていました。

こんな風に思うほど、数値もよく、
ゆっくりな進行でしたね。

けれども、

それは叶わぬ夢だったんですね。

急変は、あっという間です。

腎不全の後輩たちには、少しでも長く、
元気に過ごしてほしいから、
記録を 残しましょうね。

そして、私たちのような 突然の別れ に
ならないように祈りましょう。

たまさんは、嫌かもしれないけど、
協力 お願いしますね。

そして、大切に大切に生活していたことを
みんなに 知ってもらいましょう。

私たちの経験が どんな力になるか
分からないけど、

未熟ながらも頑張りましょうね。

これからも、私たち家族のこと、
ずっと、ずっと 見守っていて下さい。

お願いばかりで ごめんね

大好きだよ、たまさん

世界一 カワイイ たまさんへ。
家族一同

お外を眺める猫
たま 3歳

これから
たまさんの病気のこと、家族の思いなど、
私が見つけられなかった情報を交えて
書いていこうと思います。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング 
関連記事
web拍手 by FC2

| ・猫の歴史、思い出 | 21:14 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/01/12 00:42 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/01/12 11:58 | |

鍵コメ さん、こんばんは~^^

コメントありがとうございます。

ブログの方へお邪魔します。

| たまのしっぽ | 2015/01/13 20:03 | URL |

初めまして。ご訪問ありがとうございます。
腎不全のニャンコちゃんとのことだったので、
もしかしたら、
プーコの残したお薬が役に立つかもと思い読ませて頂きましたが、
たまちゃんはプーコよりも先に旅立っていたのですね。
たまちゃん、本当に可愛いニャンコちゃん。
こんなに愛されて、幸せだったことでしょうね。
愛情溢れるお話に涙が止まりませんでした。
淋しいけれど、それだけ素敵な日々をもらったのだから
元気を出して、残された猫たちをまた幸せにしてあげないといけませんね。
ありがとうございました。

| cona | 2015/10/24 13:15 | URL |

cona さん、こんばんは~^^

はじめまして。コメントを残して下さってありがとうございます。
また、お気遣い、大変嬉しいです^^。

やはり、お薬 残ったのですね。

うちも、経過検診を受けた直後だったので、
3週間分ぐらい残ってしまいました。

それで私も、必要としている方に差し上げようと考えたのですが、
身近に腎不全の子がいなかったので、そのままうちにあります。

錠剤やカプセル錠は、未開封なら、5~6年ぐらいもつそうです。
(人間のお医者さんに聞きました。)

なので今は、ほかの猫もいますので、保存しておく事にしました。
(兄弟の家に4匹、近くに住む友人宅に2匹、自宅周辺の猫さんもいて、私の周りは猫まみれです^^)

プーコちゃんと繋がっていたお薬でもありますから、
conaさんが 辛くなければ、必要となるまでお持ちになっていてもいいのかな~って思います^^。

(病院によっては、引き取って、返金してくれるところもあるそうですよ。)

| たまのしっぽ | 2015/10/25 02:14 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。