猫のサイン~メタボ猫日記

尿結石・腎不全の「たま」と、やんちゃな「ちび」の成長記録です。健康管理と楽しく暮らす方法、手探り中です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちびニャン初めての飲み薬

今年も残すところ2週間をきってしまいましたが、
いかがお過ごしでしょうか

前回の記事から時間が経ってしまいましたが、ちょこっと、日本海側に出張してたりしました(^∇^)ノ。

途中、湯沢で雪を見てワクワク~(* ´ ▽ ` *)。
ガーラ湯沢って、表から見るとこんな感じなのね^^。

ガーラ湯沢(高速から見た図)

新幹線ではよく行ったけど、表からまじまじと眺めたのは初めてなもんで、ちょっと感動(((o(*゚▽゚*)o)))

遊んで帰ってきたんちゃうの?って言われそうですが、
この時は、オープン前っす^^。
積雪0cmってホームページに書いてあったけど、結構積もってそうですね。ヨカッタ良かった^^。

んん?なんの心配してんの? ニャハハ~∠( ^ o ^ ┐)



さてさて、今回は、ちびニャン初めてのお薬のお話です。

どこかで 前肢を痛めてしまって(前回の記事は こちら)、
病院で痛み止めの注射をされた ちびニャンですが、

帰ってきたら、すこぶる元気になっちゃって、走る走るぅー(= ̄∇ ̄=)ダダダーーッ 。あのねぇー( ̄o ̄)痛いんちゃうの?
飲み薬を処方されたけど、いらないかもね(=゚ω゚)ノ。

痛みが引いたら暴れるんじゃないかって思っていたけど、予想的中でした( ̄^ ̄)。やっぱり この辺は、子供と一緒なのねぇ。まったくもぉー!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ。

まぁ、元気になってくれたのは嬉しいんですけどね(*^-^*)。でも、根本的には治ってないわけだから、大人しくして、あんよを休めて欲しいんですよね~(´▽`)オネガイヨー。

だからね、ちょっと残酷だけど、薬を飲ませないで様子を見よう!なんて ことも考えたんです。薬が切れて痛くなったら安静にしてくれるんじゃないかなーって思ってね^^。可哀想だけど、動き回って酷くなるよりかは、いいんじゃないかなーって思ったりもしてね。

でも、この事を先生に相談したら、「そういう考え方も確かにあるけど、人間だって痛いと辛いでしょ?」って言われちゃいました。ウンウン、確かにそうだな~。
あーん、変な事を考えてごめんね(」*´∇`)」、ちびニャン。

「それに、痛み止めの薬は、消炎効果もあるんですよ。むしろ、炎症を抑えるために飲んで欲しいんです。」

なるほど、なるほど!納得。やっぱりちゃんと聞いて良かったわー。
早く治してあげたいもん。

という訳で、飲ませることにしました。
おっと話がまた長くなってきたぞ。

ここからが本題!ニャハハ~。

猫さんに「飲んでね」って言っても勝手に飲んでくれないんですよね~。イメージとしては、無理くり飲ませるって感じかしら。

たまさんも飲んだ振りをして、
あとで ペッて吐き出してましたね( ̄。 ̄ノ)

実はこれ、たまさんの得意技。

まっ、ある意味、異物みないな物ですから、嫌がるのも当然ですよね~。本能的には合っているんだと思うんですけどね。

でも、飲んで欲しいのでありんす(」*´∇`)」。
ちびニャンは、たぶん初めての薬だと思うけど、どんな反応をするのかな~。

まずは、基本から!っていうことで、
錠剤の上に缶詰めを少しだけ乗せて、試食風を装うことに

「さーさー、新しいご飯のお試し会やってますよぉー。そこのダンディな猫さん、一ついかがですか~?美味しいですよぉー( ̄▽ ̄)ニヤリ」

缶詰めが欲しいと催促する猫(ちび)待ち遠しいニャ
↑何も知らずに、にゃーにゃー言ってくる ちびニャン(*^_^*)。ちょっとカワ(・∀・)イイ。

「はーいはい、ど~ぞ~(*∩ω∩)」
中身↓は 薬だけどねぇ(* ´ ▽ ` *)。

オンシオール缶詰め添え(猫の薬)痛み止め

お皿が汚れている風に見えるけど、洗ってない訳じゃーございませんよ。直前に缶詰めスープをあげたので、そのカスです。あ、やっぱり汚ニャイ?(苦笑)。缶詰めの香りが残っている方が食べやすいかなーって思いましてね^^。

でも、

まっ、とーぜん、ペッて吐き出すんでしょうね(。-_-。)。「こんなマズイもん、食えるかー」って文句タラタラ言ってね。でも大丈夫大丈夫。たまさんで経験済みなので、次の策は用意してあります

さぁーこい、どうする?って見ていたら、
パクっと食べてゴックン (☉ o ☉)わーお。

えええーーーーーーっ 飲んじゃったよ。
本当に飲んだよね?本当?本当

更に、「お代わりくだしゃい。」だって(*´v`)。

(゚д゚) 唖然・・・こちらが撃沈されましたぁー(^∇^)。

はぁー、まぁ・・・いいんだけどね・・・、っていうか理想的なんだけど、なんだぁ?この達成感のない気持ちは・・・Σ(´Д`*)。スタートラインに立って、「よーい」ってなって、さー走るぞって構えた瞬間に、今日は終わりです!って言われた感じ?ちょっと違う?

ええ、ええ、あれこれ考えていたけど、いとも簡単に飲んでくれちゃいました(」*´∇`)」あらまぁ、なんてお利口さんなんでしょう。

本当は、『我が家の薬の飲ませ方』なんて風なタイトルをつけて、四苦八苦した話を書く予定だったんですけどね。でも、現実はこの通り。なかなか予想通りにはいかないもんですね(* ´ ▽ ` *)。

いいんだけどねぇー。あのね、ちびニャン。ブログ的にはどうなの~?。飲んでくれない方がネタ的にはイイと思うんですけどぉー。その辺 分かってますかぁ~^^。

缶詰め入りカリカリを待ちきれない猫(ちび)

分かって なさそうね┐( ̄。  ̄)┌。とは言え、ストレスなく飲んでくれるのが一番なんですけどね。
あまりにも あっさりと飲んでくれちゃったので、ビックリ(゚д゚)したのは、人間の方でした(*^_^*)。

ここまで引っ張っておいて、しょうもない終わり方、オチがなくてすみません。クレームはちびニャンにお願いします^^。


ちなみに、ちびニャンに処方されたお薬はこちら↓です。

オンシオール(onsior)


オンシオール錠(猫用)消炎鎮痛剤

非ステロイド性 消炎鎮痛剤(NSAIDs)

副作用の症状に「嘔吐、下痢、軟便」などと書かれていましたが、ちびニャンは特に目立った副作用はありませんでした。注意事項の中に、腎機能の低下、脱水症状のネコなどは・・・・と書かれていたので、腎不全の子は注意が必要のようです。

最後に、今回かかった治療費をもう一度↓。

◆レントゲン代(前肢) 4,000円
◆注射代(鎮痛剤) 1,000円
◆飲み薬(鎮痛剤)6日分 900円
+再診料と消費税


病院で診察してもらった後、4~5日ぐらい経って、びっこ引かなくなりましたぁー(^-^)/。完治したのかは よく分からないけど、普段に増して元気いっぱいに走っております(= ̄∇ ̄=) 。ちびニャンも まだ若い気持ちのままでいるのかな~。もうちょっと考えて運動してもらいたいものです。

思うように動けなくて、ストレスが溜まるんじゃないかなーって思って、こんなオモチャも買ってみました↓。

「たい焼き」さんと遊ぶ猫(デンタルおもちゃ)

相変わらずスゴイお顔だこと!
やっぱり パワフルでありんす(」*´∇`)」。


【関連記事】

ちびニャンが足びっこひいてるぅー(;゜0゜)


ポチっと応援してくれるとうれしいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 健康へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
関連記事
web拍手 by FC2

| 捻挫・関節炎 | 00:10 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

初めての投薬は( ´艸`)プププ
でも、ちびちゃんに余計なストレスがかからなくて
最高ですよね。
うちのネコは・・・ コタローは赤ニャン時代から(膿胸)投薬してたので それなりに飲ませられるのだけど
COCO&NAILには困り果てました。ネットとかで飲ませ方の動画もありますが とにかく暴れる!!! あんなに大人しくなんて飲んでくれないですよ。
何とか飲ませたと思っても吐き出しちゃったり 吐出し失敗して泡吹いてみたりで 格闘でした。
チビちゃん ちゃんと飲んだ(食べた?)から痛くなくなったのね。
パワフルに遊んでいるのが一番ね(*^ー゚)

| cocomama | 2016/12/20 14:27 | URL |

cocomama さん、こんばんは~^^

コタロー君は お薬、慣れていらっしゃるんですね(*´∀`*)。


> COCO&NAILには困り果てました。ネットとかで飲ませ方の動画もありますが とにかく暴れる!!! あんなに大人しくなんて飲んでくれないですよ。

うちのたまも一緒ですよぉ~(´▽`)。暴れる、怒る、逃走した末に引きこもり・・・( ˘•ω•˘ )。
しまいには、私が風邪薬を飲もうと人間の薬を出しただけで、ビビって隠れてましたね・・・ちょっと可哀想だけど、ちょっと笑。
でも、なぜか、腎不全の薬は、そんなに嫌がらずに飲んでくれたので、長く続けられました。飲んだら気分が良くなる事が分かったのかな~。

ある意味、ちびは味に鈍感なのかもしれないですけどね^^。たまは、味にうるさい食通さんでしたから・・・。

元気になってくれたのは嬉しいんですけどね、更にパワーアップした感じなので、また痛めるんじゃないかってドキドキしちゃってますぅー(´▽`)。

| たまのしっぽ | 2016/12/20 20:43 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT